乳癌検診に関するお役立ち情報


乳癌検診に関するお役立ち情報特集

乳癌は女性の癌の代表です。癌は確かに怖い病気ではありますが、早期に発見することで臓器も命も守れる可能性が高まります。特に乳癌は初期・早期で発見することにより予後がよい癌の代表です。乳癌検診の大切さが叫ばれる所以です。
乳癌は癌の中でも進行が遅い方に属しますから、定期的に乳癌検診を続けることで初期で発見できる確率が高くなるのです。早期で発見できれば、生命はもちろんですが、手術する範囲も狭くて済み乳房を守れる可能性も高くなります。
乳癌検診を専門とする診療科は、乳腺科や乳腺外科です。また健診の方法も、視診・触診、エコー検査、マンモグラフィないろいろあります。それぞれの検査方法に、特徴やどんな乳癌を発見しやすいかといった得意分野がありますし、また年齢などにより乳腺の状態によっても適した検査方法が変わってきますからいくつかの検査方法を組み合わせて、例えばエコー検査とマンモグラフィといった具合に健診を受けておくと安心です。

乳癌検診知っとく情報まとめ

ピンクリボン運動のような啓蒙活動が盛んに行なわれているという背景もあり、知識を深めて乳癌検診を受ける人が多くなっています。 乳癌は癌の中では進行が遅いものにあたりますので、正しい検診を続けていくことで超早期と呼ばれる段階で発見することが可能です。また手術の予後が良好なことでも知られている癌で、初期であればあるほど命はもちろん乳房を守れる確率も高くなります。
そこで大切なのがやはり乳癌検診ということになります。
乳癌検診は婦人でも行っていることがありますが、専門は乳腺科や乳腺外科を標榜している医療機関です。検診の内容も、授乳歴などの問診から始まって視診や触診それに超音波検査やマンモグラフィー検査などがありますので、オプションであればできるだけ多くの検査項目を受けておくと安心です。というのは、それぞれの検査に得意分野があり、例えば超音波検査はのう胞などを発見する能力が優れていますが、マンモグラフィーでは乳腺にできた微細な石灰化などを見つけることができます。
また年齢など乳腺の状況によって適用が変わってきますから、医師の指示に従って自分にあった検査方法の乳癌検診を受けることも大切なポイントです。

 

乳癌検診ならマーソで予約!